三河姫的喜動愛楽日記

泣くは修行。怒りは無知。笑うは悟りなり。 by徳川家康

Entries

再来年は

平成23年の大河ドラマが「江~姫たちの戦国」に決定。
安土桃山~徳川幕府創世記がキタ========って感じです^^
が、。。。。。。。。女目線で作られるドラマ( ̄Д ̄;) 
ちょっといやな予感がしますww

篤姫が幕末の姫さまで視聴率取れたので
今度は幕府創世記のお姫様で柳の下の土壌を狙ってる感プンプン。

主役の江はまだ女優さんが決まっていません。
なのでネット上は「誰がいいかな?」ってお祭り騒ぎです。
私の頭では誰一人浮かばない。。
しいて言えば夏目雅子さんに20代のまま生き返って演じて欲しい。。
大河「徳川家康」では江の姉に当たる淀を演じたことがあるけどね。。


それにしても”江”って一文字でゴウって呼び方って、馴染めません。
NHKと田淵さんのゴリゴリって感じ。。
この呼び方されてる文献ってあんまり見かけないなぁ。
普通は於江(オゴウ)とか、御江与(オエヨ)とかじゃないかな?


名前にある「江」の文字は幼い頃から苦労が多かった浅井の姫が
3度目に嫁ぐことになった徳川の地で(江戸で)落ち着けるように
舅にあたる家康が「於江」ってつけたという説があります。

この女性が生きた時代は安土桃山~江戸初期。
信長とは伯父と姪の間柄
秀吉とは義父を殺され姉の淀が側室という関係
家康とは舅と嫁。
オールスター勢ぞろいの時代だもの面白いはずだけど、
脚本しだいだろうなあ。。

人生の前半は波乱万丈。
二度も城を落され政治に利用され
権力者によって時代の波に翻弄されてますが
やがて徳川二代軍の妻の座と三代目の生母の地位につきます。

既存の原作ものじゃなく、
「篤姫」の脚本を書いた田淵さんが書き下ろすようなので
大河ドラマではたぶん幼少時代から始まりそうですね。

大河ドラマって女性が主人公の視聴率がいいんだよね。
利家とまつ。巧妙が辻の千代。篤姫。
この「江~姫たちの戦国」もきっと少女漫画みたいな。。。www
でも、そういう方が分かりやすく。。。。私は物足りない^^;

デイリースポーツから引用

NHKは17日、11年放送の通算50作目となる大河ドラマが「江~姫たちの戦国~」に決定したことを発表した。織田信長の妹・お市の方の三女で、徳川2代将軍・秀忠の正室となった女性の人生を描く。脚本は、昨年話題となった「篤姫」を手がけた田渕久美子氏(49)が担当する。
 江は戦乱の世にほんろうされるように3度の政略結婚を重ねた人物。クライマックスとなる大坂冬の陣、夏の陣では姉の淀君と敵味方に分かれることになる。屋敷陽太朗プロデューサーは「時代に流されているように見えるが、しっかりと自分を持っていた女性」と、江の魅力をアピール。江戸幕府の終幕にかかわった篤姫に続き、今度は草創期の女性である江を描くことになった田渕氏は「書くのが運命かなと思う」と話した。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

全記事表示リンク

ぐばこ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いらっしゃいませ(*^^*)

現在の閲覧者数:  

アクセスカウンター

右サイドメニュー

プロフィール

三河姫

Author:三河姫
脳内メーカーを自分で解析するとMichael・戦国時代・ガーデニング・旅・着物。この比率は日々変化するけど基本は「喜動愛楽」
向上心が無い代わりに好奇心だけは人一倍^^
向学心が無い代わりに遊ぶ事には一所懸命^^
鉄砲玉な遊び専業の日々徒然明日への励みに・・・

月別アーカイブ

QRコード

QR