FC2ブログ

三河姫的喜動愛楽日記

泣くは修行。怒りは無知。笑うは悟りなり。 by徳川家康

Entries

アマゾン

といっても、「天翔る竜の化身」の発送の遅さに我慢できなかった私が
キャンセルしたアマゾンじゃなくて。。。
日本の裏側のアマゾンのことです。

ペルー国境近くのアマゾン奥地で森林伐採中に、
新たな先住民族が発見されました。

まだまだ未知の先住民族や秘境ってあるんだね。。
発見されちゃったことでもうここは未知じゃなくなったんだろうけど。。

弓矢を向ける彼らの目に写った飛行機は
自分たちの生活を脅かすとてつもなく大きな鳥で
大きな音と煙を出す恐ろしいものなんだろうな。

本当はそっとしてあげたいところだろうけど、
ペルーの違法伐採は先住民の普通の暮らしにとって深刻な危機になり
注意を呼び掛けるためその存在が公にされたというのも皮肉なことで。。。

面白そうだから彼らのことをもっと知りたい。調べたい。ってことになって
外部の人間が彼らに接触すると、
彼らにとって自分たち以外の人間と接触することで
免疫のないウィルスにやられて病気になることもあるだろうし。。。
何より文明に縁のない世界で暮らしてきた彼らにとって
価値観とかもまったく違う外部の人間は受け入れないんだろうな。
発見されてしまったことで相当なストレスを抱えていると思うんだけど。。
このストレスも今までは体験したことがなかったのかもしれないな。


話が飛ぶけど、
秋葉原の通り魔 無差別殺傷事件。

 

日本は治安がいいなんて過去の話。
どこでどんな事件に巻き込まれるかわからない時代です。

世の中がいやなら勝手に一人で死んでくれた方が世のため人のため。
自己中心で他人の命を奪うなんて、ほんっと、狂気の沙汰!
こんな人間がまだまだゴロゴロいるかもしれないと思うと怖くて外なんか歩けない。

最近、我慢ができずにすぐキレる人が増えてます。
どうでもいいことで暴れたり。。
駅でも電車が遅れただけで駅員に食ってかかって襟首締め上げたり
肩が触れただけで殴り合いになったり。。こういう人間が刃物持ってたら怖い。。
小学校の中でも殺人事件がある時代だもの。『絶対安心』な場所なんてなくなってる。

また話が飛ぶけど、
先日ちゅ~ちゃんとディズニーシーに行ってちょっと休憩でベンチに座ってたときに
すぐ横に1歳ぐらいの赤ちゃんを乳母車に乗せてる若い夫婦がいて
赤ちゃんがぐずって泣いてたのね。

そしたらお父さんが赤ちゃんを睨みつけて
「しばくぞコラ」って怒鳴ったよ。大阪弁?の巻き舌で。。
この赤ちゃんには聞きなれてる言葉らしく「しばくぞコラ」の意味を理解してるみたいで
怖がって首を横に振りながらますます泣いてた。。

お父さんは何度も何度も周りに聞こえる大きな声で「しばくぞコラ!」って怒鳴って
拳を作って赤ちゃんに対して威嚇して。。(馬鹿か!)
横に座ってる派手派手なケバイお母さんは我関せずで止めようともしない。(馬鹿か!)

多分赤ちゃんは暑さのせいで喉が渇いたかお腹空いたか。。
何か理由があって泣いて訴えているんだと思う。


ちゅ~ちゃんも私も、あの場所にいたほかの人も
止めたくても注意したら逆ギレしそうで止める雰囲気じゃなくて。。。
お父さんの風貌がチンピラみたいで見た目怖い。。。
体大きいし、坊主頭に派手なジャージ上下。

赤ちゃんはお母さんが抱っこしてあげるだけでも泣き止んだんじゃないか?って思う。
あの両親は子供を持っても親になってないんだ。

あんな幼い子が「しばくぞコラ!」って言葉を覚えてるって悲しい。
多分父親から毎日言われてるんだろうな。。

この赤ちゃんの泣き顔はこの日SEAで遊んでる間ずっと頭に残ってた。

Comment

場所わきまえろ! 

そんな家族にねずみーらんどもSEAもきてほしくな~~い!:-)
っていうか、なんであんたらコドモなんて作ったの!?
そういうばかものが増えてるよね。
今日もハタチの女性が産んで「育てられないと思った」って死体遺棄で捕まってるし。
こうのとりのゆりかごの赤ちゃんポストって私は賛成です。

アマゾンは知らなかったなぁ。
まだまだ世界は未開の地があるんだねぇ。


この前あったとき人口密度のはなししたけれど
事件の多く起きる地域ってやっぱり人口密度の高いところだよね、
北海道はその点まだまだ安心していられるのかな。
イナカだけどさ・・(^_^;)
  • posted by 北海道のKyon 
  • URL 
  • 2008.06/10 20:02分 
  • [Edit]

昨日今日始まったことじゃないけど・・・ 

いつの頃から、こんなことが起こるようになっちゃったんだろうね。
世界的にも「安全な国」と言われている日本で起こった今回の秋葉原の殺人事件。

原因はいろいろとあると思うけど、そのディズニーシーで遭遇した親子にも見てとれる、そんな親が増えているのも、「原因」のひとつであり、また「結果」なのかもしれないね。
おいらの世代のやちょっとその上の世代の人達が集まった時に最近の若い世代の話が出ると、皆さん、確かに「最近の若い人たちの行動は・・・」と話をした後で、「でも、そんな人を育てたのは、私たちの世代なんですよね」と言うんだよね。
「私たちが悪かったのかしら・・・」、とかね。

この前のニュースでやってたけど、若い両親がゲームをしている間に子供が側溝か何かに落ちて死んだとか。
あのニュースも、姫が見たディズニーにいたバカ親と通じるところがあると思うんだよね。
実は、もしかして、そんな親が相当増えてるんじゃないのかな?

たまぁ~に、子供の手をとって遊歩道を歌なんか歌いながら歩いている母子を見ると、ほっとするんだけどねぇ~。
  • posted by ☆丸 
  • URL 
  • 2008.06/11 00:21分 
  • [Edit]

欣求浄土 

kyonちゃん>

あの赤ちゃんが、どんな子に育つか心配。
いつもおびえて親の顔色を伺いながら萎縮して育つか?
それとも幼稚園に入ったころに
お友達に向かって『しばくぞコラ』って言う子に育つか?

あの親自身もどういう育ち方してきてかなんとなく想像つく。

望まれないで生まれた子って、殺されるくらいなら、
本当に子供がほしい人に養子にしてもあったほうが幸せだよね。

いや、北海道だってわからないよ~。
どこで何が起きるかわからない時代だもの。
でも、大自然の中で生活してると気持ちにもゆとりが出て
ストレスもたまりにくいかな?

☆丸さん>

幼いうちから「命の尊厳」とか教えていかなくちゃならないよね。
我慢することや責任感もね。

最近悲惨な事件に触れても一過性で風化してしまうような
慣れてしまってる自分が怖い気がしてます。
この事件も最初の一報のニュースで「またか。。」って思ったもん。

でも、今回はTVの中だけの縁遠い出来事じゃなく、
こんな事件はいつ自分の身近なところで起きてもおかしくないな。。って思った。


つい先日も
同じマンションの女性を殺してバラバラにしたり
妹を殺してバラバラにしたり。。
ここまでしてしまうってすごいよ。普通の精神じゃできないもん。

犯人を捕まえてみると、「まさかあの人が?」って真面目に見えてた人間だったり
普通に見えてもどこかに狂気って持ってるんだよね。
キレた時が怖い。

  • posted by 三河姫 
  • URL 
  • 2008.06/11 11:01分 
  • [Edit]

人の人格形成 

・・・「愛情」これがいちばん大事!
SEAの若夫婦も自分達が愛情受けずに育てられたの
かもしれないですね~
その赤ちゃん末恐ろしく思われてしまいます。
虐待などの行為が行われていないように願います。

世界は広い・・・
まだそういう方々がいらっしゃるんですか!?
何も侵されていない世界ってどんなだろう?
汚れきった私にはとうてい生活はできないだろうけど
興味は深々です!




  • posted by 文月 
  • URL 
  • 2008.06/11 12:49分 
  • [Edit]

 

文月さま>

親が子供にあげられるもので愛情に勝るものはないよね。


アマゾンですが
彼らは文明人が入って来るまではきっと平和だったんだろうね。
はるか昔から自然を相手に部族で助け合って命を繋いできたのかなー?

武器の弓は狩猟のためと自らを守り生きるための道具で
決して戦争のために作ってるんじゃないんだよね。
生きるということの原点みたいだ。
  • posted by 三河姫 
  • URL 
  • 2008.06/11 13:14分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

全記事表示リンク

ぐばこ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いらっしゃいませ(*^^*)

現在の閲覧者数:  

アクセスカウンター

右サイドメニュー

プロフィール

三河姫

Author:三河姫
脳内メーカーを自分で解析するとMichael・戦国時代・ガーデニング・旅・着物。この比率は日々変化するけど基本は「喜動愛楽」
向上心が無い代わりに好奇心だけは人一倍^^
向学心が無い代わりに遊ぶ事には一所懸命^^
鉄砲玉な遊び専業の日々徒然明日への励みに・・・

月別アーカイブ

QRコード

QR