FC2ブログ

三河姫的喜動愛楽日記

泣くは修行。怒りは無知。笑うは悟りなり。 by徳川家康

Top Page › 花・ガーデニング › 令和の桃子とキモイあいつ
2020-04-30 (Thu) 00:21

令和の桃子とキモイあいつ

令和になって、早いもので一年経ったのね。
令和の桃子0307-2令和の桃子0307-1
画像は3月の初めに葉山の多肉植物屋さんで発見した「令和の桃子」
たくさん店頭に並んでいた中から選ぶのに悩んだんですが、
小さいのが幾つか詰まってるひと鉢を選んで買って来ました。
うちの子になって以来全く成長してないような気がするけど、大切に育てています。


今月16日以降ずっと暇なので庭に出る時間はたっぷりある。
水仙もチューリップも長寿桜も終わり、今はジャーマンアイリスや紫蘭の開花待です。
枯れたと思って放置していた鉢からカラーやベゴニアの芽が出てきてる。
herb類もそろそろ蕾を付けるかな?

ケルヒャーを借りられることになったので、その前に駐車場の鉢を移動していたら
足が100本あるキモイやつが鉢の下から出て来てゾッとしたけど、逃げないように再び鉢で塞ぎ、
即、お湯を沸かしにキッチンへ!(50度以上で死ぬらしい)
沸騰寸前まで沸かしたティファール持って鉢を取るとキモイあいつははまだいた!
熱湯かけたら瞬殺だったよ。

滅多にあのサイズのは見かけないのだけど、
この先、庭でティータイムしながら読書でも楽しもうと思ったときに出くわすと恐ろしい。

TVはコロナと再放送ドラマやバラエティーの再編集ばかりで
今楽しみなのは麒麟が来るとエールのみ。しかし、撮影はどこまで進んでいるのやら?
そのうち、「しばらくお休みします」なんてことになるのかなあ?

こんな非常事態の楽しみはNHKの深夜にやってるヒーリング映像。
オーロラ。宇宙の神秘。深海の生物。移動民族。野生の動物。都会の夜景。


昨日、今日にかけて観てるのがAmebaTVの「ナスDの大冒険TV」
2年前に地上波放送してた陸海空からバージョンアップして、更なる大冒険。

世界の僻地を冒険していて、今回はネパールからスタートし、ヒマラヤ麓の秘境ドルポへ。
命をかけた取材中にナスDのさらっと披露する知性とユーモア。
相変わらず、たとえどんなに危険でも抑えきれない好奇心。危ないものも口に入れちゃう。
こういう取材は芸能人使っちゃうと絶対にできないだろうな。
危険で過酷な撮影も多々。テレ朝の宝だと思う。
と、いうか、もうそんな小さい枠ではなく冒険家でいいんじゃないだろうか?

しかし、ネパールすげーな。
近年は日本に移住し、カレー屋さんやってるネパール人がめっちゃ多いと思うのだけど、
あの人たちの原点、宗教とか「死」に対する概念が日本人の感覚だとちょっと理解できない。
洗濯物をしてる川で死体を洗ったり、そこで火葬してるのを観光客が見てて。。。

標高の高いところに移動するにつれ、スケールのでかさに驚愕。
2200mの高さにある岩で作られた刑務所とか、富士山より高いところで生活してる部族とか。
高山病ってなんですか?って感じかね?

これは説明するより、ぜひ見て欲しい。(vol.3)まで放送中です。

さて、今夜は薔薇風呂に入る。生花じゃなく、ナンちゃってです。

最終更新日 : 2020-04-30

Comments







非公開コメント