三河姫的喜動愛楽日記

泣くは修行。怒りは無知。笑うは悟りなり。 by徳川家康

Entries

連続神回

毎週日曜日は留守録してる3本の録画を見るのが夜の楽しみ。
猫のしっぽカエルの手~鉄腕ダッシュ~女城主直虎。

鉄腕が2時間のスペシャル回だったことを仕事中に思い出し、
もしや女城主直虎はかぶって撮れてないんじゃ?と、19時半に仕事を〆てすっ飛んで帰宅したので
リアルタイムで観られた。
猫の~分はなんと高校野球が撮れてましたw

#5で亀が帰参。(←泣きながら観た)で、もう今回が見納め。短かったね。
先週、偽の元康に会いに行った場所はどこだったんだろう。設定されてなかったよ?
本物の元康が岡崎にいるはずなのに、それ以外の場所で会うなんて
仕組んだ今川はどこへ呼び出したんだろう?
井伊側は怪しいと思わずにノコノコ出向いて行っちゃったのか?

それにしても桶狭間楽しみにしてたのに次々に主要な人たちがナレ死だものな。。。

義元が討たれ、元康が独立の勝鬨をあげたとき、
すでに厭離穢土の旗を掲げていたのは憤慨。
その旗印は大樹寺に祖先の墓参りして以降からだから!
これ、すごく大事な意味のあるターニングポイントなのですごく残念!!

毎週、窮地の選択がある中でも
先週の寿桂尼が放った「答えを選ばれよ」ってセリフは怖かったー。
亀を失う代わりに井伊家を残す。これしか選択の余地はなかった鶴。
この選択の結果、元々親藩でも譜代でもない井伊家は
将軍家徳川譜代として幕末まで残ったと言うことか。

菅くん演じる直政が徳川家に仕え、四天王が揃うまであと何回だろう?
本多忠勝は誰が演じるんでしょう?
真田丸の頃の藤岡弘の印象が強く残ってる^^

そそ、先週は石川数正がスーパーマンの如く颯爽と瀬名達を助けに登場。



深夜にNHKでやってる今週の「古典芸能への招待」は
歌舞伎の「妹背山婦女庭訓 吉野川」でした。
家と家との対立と、ロミジュリのような子供同士の恋で
子供の犠牲を越えて和解するお話。

私、玉三郎は生で拝見したことがなくて、
しなやかな女形の印象をもってたんだけど、
今回のお話では未亡人で男勝りに刀差し、
お家を守る母親として鬼気迫る表情をしてたの。
可愛い我が娘の首をはねるまでの心情を演じる目なんかすごいの!
芸力とはこう言うものか。

脇の役者さんも中村吉右衛門、市川染五郎、尾上菊之助などすごいんだけど、
玉三郎は圧倒的な存在感。


相変わらず仕事はギリギリ限界でやってます。
その日の疲れを次の日までもち越さないためにも
しっかりお風呂に入って弛緩させ、
右肩の筋肉痛はセルフで解しつつストレッチが欠かせない。
でも、神経から来る痛みと痺れは取れないんだよなあ。
自己判断だけど、これは頚椎症性神経根症だと思う。
腕に向かって伸びていく神経根が圧迫されて痛みやしびれが生じ、血流も悪い。
治すには仕事を辞めるしか方法はない感じw。


先週はお彼岸のお墓参りに行ってきた。
母の墓前で近況報告とお願い事もして、
掃除グッズの袋の中に親戚への置き手紙も置いてきた。
その後、横須賀のマリンポートで鮮魚や野菜の買い物をし、
保冷用の箱に詰めてからにぎり一丁で鮪三昧の食事。
横須賀に帰ると定番の湯楽の里で閉館まで温泉を楽しんできた。

今週末は中学3年のクラスメートたちによる年に1回ペースの集まりで横須賀へ行く。
仕事を早目に切り上げれば間に合う^^;
今回は先生もお呼びしたら出席のお返事があったそうで12年ぶりに会うのが楽しみ。


ALIAKEとSUN蕊の告知がありましたが
どちらも仕事の日。日程的にむずい。(TT)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

全記事表示リンク

ぐばこ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いらっしゃいませ(*^^*)

現在の閲覧者数:  

アクセスカウンター

右サイドメニュー

プロフィール

三河姫

Author:三河姫
脳内メーカーを自分で解析するとMichael・戦国時代・ガーデニング・旅・着物。この比率は日々変化するけど基本は「喜動愛楽」
向上心が無い代わりに好奇心だけは人一倍^^
向学心が無い代わりに遊ぶ事には一所懸命^^
鉄砲玉な遊び専業の日々徒然明日への励みに・・・

月別アーカイブ

QRコード

QR