三河姫的喜動愛楽日記

泣くは修行。怒りは無知。笑うは悟りなり。 by徳川家康

Entries

「真田丸」はもう#7

毎度、オープニングの風景を食い入るように見てハアハアしています。

ここまでは昌幸が主役だよね。
草刈・昌幸がなかなかの狸親父なクワセモノ。
息子たちも「え!?親父、それってあり?」なことを言いだす。
そりゃ、あんだけ周囲を大きな大名に囲まれると、
アッチにつくふりをし、コッチに付くふりをし、知恵を使って生き延びるしかない。

それにしても、本能寺の信長の死から明智の死まで
あれだけ歴史上の大きな出来事にも関わらず、物足りなさを感じるほどさらりと終わってしまった。
この時代を扱う鉄板だと思う敦盛やって欲しかったなー。
その分、コント担当の高畑・真田母のシーン減らして!
なんであのキャラに設定なんだろうね?
三谷脳内では必要なことなんだろうか?

#1だったか?勝頼の平岳大と小山田茂誠・高木渉が良かった~。
岩殿城にたどり着いた勝頼が裏切りを知り。
少人数で討たれても不思議じゃない状況の中で小山田茂誠の温情を感じ、
退路がない。。と悟った時の表情とかね。
勝頼に品格があり、あのシーンは良かった。

図らずも裏切るほうに回って追い返す役割を担ってしまった
茂誠の泣き顔にも「無事に逃げて」って切ない気持ちが読めた。
セリフは交わさなくても目と目で交わした武士同志の会話があったよね。

セリフがないといえば同じく#1で
椀の汁をすする北条・高島が末路をプンプンさせる演技。
「飯にかける汁の分量すら分からず。。北条の代もここで終わり」をこういう演出するんだ。

セリフでフラグが立ちまくってるのが楽しい徳川家。
家康公・本多正信・石川数政の3人で謀反の話題が出た。
徳川家に限ってそんなことは。。。ってw
このあと、お前がかよ!!ってことになる。
そのまま数政は謀反するか?
ひょっとして謀反という汚名を被りながら、
実は家康公と仕組み、豊臣方に潜ってスパイをするか?
さて?三谷はどちらの脚本を書くのか?
その回の紀行では絶対に松本城が映るね。
毎回紀行の場所を当てるのも楽しみの一つ。

将来義理の親子になる忠勝と伸之のご対面もありました。
嫁ぐ小松姫の登場が楽しみです。
そう言えばこのドラマ、「まつ」が何人出て来るの~?
とりあえず木村・まつは生きてるけど記憶消失らしい。
あのテンションの高いキャラは再登場する時には一転するっぽい?
そのためのメリハリだったのかね。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

全記事表示リンク

ぐばこ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いらっしゃいませ(*^^*)

現在の閲覧者数:  

アクセスカウンター

右サイドメニュー

プロフィール

三河姫

Author:三河姫
脳内メーカーを自分で解析するとMichael・戦国時代・ガーデニング・旅・着物。この比率は日々変化するけど基本は「喜動愛楽」
向上心が無い代わりに好奇心だけは人一倍^^
向学心が無い代わりに遊ぶ事には一所懸命^^
鉄砲玉な遊び専業の日々徒然明日への励みに・・・

月別アーカイブ

QRコード

QR