三河姫的喜動愛楽日記

泣くは修行。怒りは無知。笑うは悟りなり。 by徳川家康

Entries

金武町~読谷村~首里城

9月6日。寝ぼけ眼でルームサービスの和食で始まった沖縄最終日の4日目は
朝から雨でした。海はこの日は海方面の観光はなかったので良しとするか。

金武町(きんちょう)
礼子ちゃんが横目兄弟のおにいさんから是非行くべきとアドバイスを頂いた
米軍基地のある沖縄のディープな場所とその周辺。。

金武町の観光サイトを見ると、マングローブの林や鍾乳洞などが出てくるけれど
定番の観光地から外れたキャンプ・ハンセン周辺の案内は見当たらない。
で、区役所まで行って職員に行き方を聞くと、ついでにマングローブ林も勧められたり^^

雨だし、昼間ってこともあり、ど私たちの他に観光客はいなかったね。
「わ」ナンバーをほとんど見かけず、全て地元の車。
キャンプハンセンゲート
ゲートの正面は日本語よりも英語の方が圧倒的に多い町。
時間帯のせいかほぼシャッターが閉まってた。
キャンプハンセン前02キャンプハンセン前01

金武町の夜を見てないけど女性が一人で歩ける感じじゃなく、
夜はギンギラの怪しげな世界に変身するんだろうな。
ナイトクラブ・SHANGRIAディープな金武町
誰もいないのに公園で懐メロがかかってたりして昭和の匂いが残る一面をもつ。
この近辺でも沖縄顔した野良猫を見かけました。
猫語で話しかけて見たけど逃げられた^^;

金武町に元祖タコライスの店があるというのでチーズがかかったのを1つ買って
車の中で3人で分け合って食べました。
散歩中は人がいなかったのにタコライスの店内にはほぼ満員のお客さんがいたw
タコライス発祥の店

相変わらず雨はやまないまま移動して読谷村(よみたんそん)やむちんの里へ。
沖縄の伝統的な焼き物の里で、昔のままの窯元が時が止まったように残されてました。
読谷村・工房+販売も01読谷村・工房+販売も02
読谷村・工房+販売も03読谷村・工房+販売も04
読谷村・工房+販売も05
読谷村・工房+販売も06読谷村・工房+販売も07
道端にこんな焼き物も
ここは古から大切に伝承された文化を感じ、ほんとうに来ることができて良かったです。
のんびりのんびりマイペースで歩いて(で、礼子ちゃんとちゅ~ちゃんとはぐれた!)

滅多に公衆トイレの写真なんか撮らないのだけど、
さすが焼き物の里!トイレにもこだわりが!
読谷村の公衆トイレ01
読谷村の公衆トイレ03読谷村の公衆トイレ02読谷村の公衆トイレ04
この、「おんな」って描かれた焼き物の色はまさしくこの地の赤土から生まれたものだね。
読谷村の土の色
沖縄って砂浜の色も、大地の色も海の色も緑も日本なのに日本じゃないような色。

首里城。沖縄旅行ラストの観光です。
ここでも相変わらず雨。。。
石垣フェチなので入口付近で「おお!!」と思ったけど、ショベルカーが整備工事しててw
しっかし、当時の琉球王国の面影を残す石垣の規模からしてどんだけ巨大だったんだ!?
積み方からもその曲線からも、石材も日本の城とは異なってました。

礼子ちゃんから「これ見てなにか感じる?」(スピリチュアルな?)って聞かれたけど、何もw(^^;
もう、ほんと、ごめん。
首里城01

首里城02
首里城03首里城04
首里城05首里城06
撮影できないところがあるので画像はあんまり撮ってない。

有料見学の区域で靴を脱ごうと思ったら踵のファスナー壊れて
ここまで来てこの先に入れないか!と、焦った。(><;)
悪戦苦闘の末、どーにか脱げました^^。
これね、沖縄滞在中最大のピンチかと・・・
や、もっとピンチなことは最後の最後に残されてた。

首里城の雨と風で折りたたみ傘の骨が折れて使用不可になり、捨てた。
観光が終わり、レンタカー返しに行って、
日産レンタカーの送迎バスで空港まで送ってもらったら
そのバスの中にメガネを落としてくるっつー!

バスの中でスマホいじる時にメガネを外して膝の上に置いちゃって、
そのまま忘れて立ち上がってバス降りた。
空港で気がついた時は既に遅く、バスは戻っちゃった。
メガネは後日宅配便で丁重に梱包されて送っていただきました。
電話で対応してもらった特に、送料は着払いで払いますって言ったのに
日産レンタカーで負担してくれてました。
ありがとうございました!次回沖縄行った時も日産レンタカー利用させて頂きます。

沖縄旅行。あっという間だった。
アクシデントはあったけど、楽しい女友達と一緒にとことんリゾートに徹して
楽しいことばかり思い出すのは
戦争に関する悲しい部分には触れずに観光して来たからかも。
沖縄は一言じゃ語れないほど大きく深い。
次回はひめゆりや対馬丸記念館などの見学はしてこようと思う。


羽田着はとんでもない雨だった。
荷物を受け取った途端、ちゅーちゃんはシャトルバスはどれに乗るんだ?バス停どこだ?
出発時間だの迫ってるし、私は双子っちママがドライブがてら迎えに来てくれてバタバタ急ぐ。
挨拶もそこそこに解散。

GACKTを一緒に追いかけ、3人とも卒業したけれど
富士五湖でダイヤモンド富士を見て、
信州、上高地・松本で中秋の名月。
青森星野リゾートで跳ね。。。そして礼子ちゃんプロデュースin沖縄。

これからもきっと、3人とも揃って元気でどこか行くと思う。それを願う。叶える。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

全記事表示リンク

ぐばこ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いらっしゃいませ(*^^*)

現在の閲覧者数:  

アクセスカウンター

右サイドメニュー

プロフィール

三河姫

Author:三河姫
脳内メーカーを自分で解析するとMichael・戦国時代・ガーデニング・旅・着物。この比率は日々変化するけど基本は「喜動愛楽」
向上心が無い代わりに好奇心だけは人一倍^^
向学心が無い代わりに遊ぶ事には一所懸命^^
鉄砲玉な遊び専業の日々徒然明日への励みに・・・

月別アーカイブ

QRコード

QR