三河姫的喜動愛楽日記

泣くは修行。怒りは無知。笑うは悟りなり。 by徳川家康

Entries

美ら海水族館・瀬底ビーチ 

沖縄3日目。
カロリー消費できる自信があったので朝からがっつり食べる。
だから、お出かけが遅くなるんだ^^;

この日もレンタカー大活躍!まずは美ら海水族館へ!
いざ、美ら海に向かう
水族館に到着すると天気は最高。沖縄の太陽がジリジリ肌を焼きます。
美ら海は晴天

旅行中、各観光地で中国語を話す旅行者を見たけれど、ここがダントツに多かった。
地図見るとなるほど。関東から行くよりも沖縄に近い国がある。

美ら海水族館はやっぱり圧倒的に大きくて、
多方向から観覧できる大水槽があり、黒潮の流れというテーマ。
そこに泳ぐナンヨウマンタと7~8mあるらしいジンベエザメもすごく大きい。
目に飛び込んで来た瞬間、思わず「大きい~!」ってみんな言うし。
この大きいジンベイザメが泳げる規模の水族館って日本でここだけなんだね。
ジンベイザメ01ジンベイザメ02
窓際にいる魚は動きも顔もオヤジっぽいので
私たちは「オヤジ」という名前をつけて呼んでました。
黒潮の流れ01
黒潮の流れ02黒潮の流れ03
このアングルでみる顔が愛嬌あって、すっごく可愛かった。
黒潮の流れ04
何時間でも見ていられそう。。。
水槽の中にカメラを持ち込んだダイバーが入って、魚たち目線で観客を映すという趣向も。

この黒潮の流れは上階から見下ろすとこんな感じ。
水槽を上から見ると01水槽を上から見ると02
小さな水槽では色とりどりの魚たちと珊瑚。
美ら海水族館01美ら海水族館03美ら海水族館02

外に出ると炎天下。
おきちゃん劇場
イルカ、、、じゃなくってすごい頭がいい鯨のショーも見て来ました。
ジャンプは高いし、口の中も見せてくれる芸達者な「オキちゃん劇場」です。

長いこと時間をかけて魚たちを見おわって散歩。
しかし、突然のスコール。。。沖縄の空模様は侮れない。
雨が止むと再び目が焼かれるほど晴れるのでサングラスを買う。
お次はエメラルドビーチです。
エメラルドビーチはアッチッチホンマにエメラルドや~

逆光で暗い画像になってしまったけど、本当に綺麗な色のエメラルド色の海だったよ!
せっかくの綺麗な海なのでサングラス外すw
あまりの美しさに、サンダルのまま、ほぼ透明の海に膝まで入ったところ。
私の足元にたくさんの小さな魚が泳いでいたんだけど写真じゃわからないね。
エメラルドビーチ01
エメラルドビーチ02

美ら海に別れをつげてからの~、遅めのお食事のため元祖ソーキそばのきしもとへ。
からの~、歩いて1分のぜんざいの店、新垣へ。
からの~、先日見逃してしまった水平線に沈む見事な夕日のリベンジをしなくちゃ!で、
ホテルに向かう途中からの~運転中に
夕日をバックにすっごく素敵な橋がかかった島を見かけた!
私、「この橋、どーしても渡りたい!」っつったら、礼子ちゃんが「瀬底大橋ね」と、さらっと言った。
たまたま通りかかっただけなのになんで知ってるんだよ!?
・・・昔、GACKTがこの島の話をしたらしい。

とにかく島の反対側に行けば絶対に綺麗な夕日が見られると思い、
美しいアーチの橋を気持ち良く渡る。この判断は正解。
まったりとした時間を過ごしながら夕日をみる。
画像のプロパティ見たら瀬底の夕日を45分見ていたよww
瀬底の夕日01
オーシャン・バージンロード出たああああ~~~!!
ほんの束の間だけど、言葉が出ないほど美しかった。
こういうの見ると、「沖縄行こうよ!」って背中を押してくれた礼子ちゃんに感謝。
元気に来れたこと、泣けるほど感慨深い。
瀬底の夕日02
瀬底の夕日03
瀬底の夕日04
行きはハンドル握ってて写せなかったけど、帰りがけに車を降りて写した瀬底大橋。
瀬底大橋

ホテルの部屋に戻ると、礼子ちゃんが何やらチケット見せ、さらっとすごいことを口にした。
「運転お疲れ様。お二人のためにスパ+アロマティックボディーマッサージの予約をとりました」
マジで~~!?
フロントで見たポスターがあんまりにもセレブ感たっぷりで、
まさか体験できるとは思ってなかったよw
そのサプライズ、男前すぎて惚れてまうやろ!
もう、私は世界中の男が消えても礼子ちゃんがいれば大丈夫!

スパは大理石!ビーナス像!
「あなたが夢にまで見た離れがたい場所」パリがテーマらしい。
施設のインテリアもバスローブも何から何まで品があってゴージャスだった。

美への扉が開かれ、豚のように肥えた私が遠慮なく入って行ったよw

アロマハーブのマッサージはとろけて昇天^^
手技を盗もうと思ったけど、エステはまったく別の手技で眠気が。。。w
施術してくれたエステシャンは沖縄美人で上手だったなー。

このあと部屋で打ち上げ飲み会して、チーズスフレ食べてしまって美への扉は閉ざされたw
が、エグゼスの最後の夜は幸せでありました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

全記事表示リンク

ぐばこ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いらっしゃいませ(*^^*)

現在の閲覧者数:  

アクセスカウンター

右サイドメニュー

プロフィール

三河姫

Author:三河姫
脳内メーカーを自分で解析するとMichael・戦国時代・ガーデニング・旅・着物。この比率は日々変化するけど基本は「喜動愛楽」
向上心が無い代わりに好奇心だけは人一倍^^
向学心が無い代わりに遊ぶ事には一所懸命^^
鉄砲玉な遊び専業の日々徒然明日への励みに・・・

月別アーカイブ

QRコード

QR