FC2ブログ

三河姫的喜動愛楽日記

泣くは修行。怒りは無知。笑うは悟りなり。 by徳川家康

Entries

そのとき歴史は動いた

昨日のHNK「そのとき歴史は動いた」は
サブタイトル「徳川四天王に学べ!・組織のためにいかに生きるか」でした。

酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政。 
めったに取り上げられることのない徳川四天王ネタだったので
萌え痺れながら期待して観ちゃったんだけど。。。(--;)

ゲストは徳川組織をサラリーマン社会に例えるのが大好きらしい堂門さん。
解りやすいっちゃあ、わかりやすいけどもよぉ~。。

そこに新入社員50人をスタジオに呼んで討論とか。。。いらん。
面白い企画だと思っちゃったんだろうけど意味ない。

酒井忠次が織田信長から突きつけられた
家康の長男を生かすか死すかの苦渋の決断に対し
さて、新入社員の意見は。。?ってことですが

童門冬司さんが極端にもリストラに例えちゃったもんだから(笑)
新入社員は切腹とリストラを一緒のレベルで考えて意見言っちゃって(爆)

「私なら1回の失敗ぐらい見逃してほしいです。」みたいな答えが出る。

そりゃ会社でドジった新入社員ならリストラも見逃すけどねえ。。。

この時の選択はリストラじゃなくて切腹なのよ!命かかってるの。。
相手が信長だし、徳川家・家臣一同の将来かかってるし
下手すりゃ信長相手に戦で徳川家が潰れるかもですよ?
息子の命で犠牲を払ってでも叶えたい夢の大きさが半端じゃないわけで。。

その後の討論も
戦場で命を張ってる武将を会社組織の中の社員の立場に例えて答えちゃったり

無理でしょ?
今、会社の中で独走しようが社長に諫言しようが
切腹の覚悟なんていらないもの。。

45分しかない番組なのに無駄なコーナーがあったので 
四天王の紹介も極地的にポイント絞って浅い作り方でした。

家康に仕えた四天王をこうした紹介するならば
”組織の中でどう生きるか”よりも
”自分の力で組織をどう活かしていくか”の方が合ってる気がします。

まだ社会に出てない新入社員を呼ぶんじゃなく
政治家や企業のトップに部下の使い方を討論させた方が面白いでしょうが
ま、呼んでもお面かぶって出演しないと本音は言いにくいだろうから
四天王マニア呼んで堂門さんと討論会とか^^

ほんの数秒小和田教授が出てらっしゃいましたが
久しぶりに見ることが出来てうれしかった~~。
徳川や今川を扱った番組のときは堂門さんよりぜひ小和田さん呼んでほしい♪

あ、私、童門さん嫌いじゃないですよ。(フォロー
堂門さんの著書も買ってますし(フォローダメ押し
タイトルは忘れちゃったけども(フォローになってない

Comment

見た! 

姫は見てるかなぁ~と思いながらね(^.^)
しかし、あの時間で徳川四天王を取り上げるのは、何とももったいない気がしたね。
特集組んで、4回シリーズで1回に一人ずつ取り上げてもいいくらいだと思うけどね。
  • posted by ☆丸 
  • URL 
  • 2008.04/03 22:59分 
  • [Edit]

賛成! 

v-252☆丸さん>

私は欲を言えば
四天王で十分面白い大河ドラマが出来ると思ってます!

だって、過去に前田利家や山内一豊が大河になったくらいだもの。
しかも来年の主役は一大名の家臣だし。。。

徳川家にとって宝と言われた家臣団筆頭の四天王は
家康が江戸に幕府を作った時の立役者というか、
それぞれが基礎や梁や屋根の役目してますからね。
本多忠勝で大河ドラマ1本作るぐらいちょろいもんだと^^
4月30日は”そのとき歴史は動いた”特別企画で
徳川家康 「江戸」建設に挑む
期待してるんですけど~~
  • posted by 三河姫 
  • URL 
  • 2008.04/03 23:25分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

最近の記事

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

全記事表示リンク

ぐばこ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いらっしゃいませ(*^^*)

現在の閲覧者数:  

アクセスカウンター

右サイドメニュー

プロフィール

三河姫

Author:三河姫
脳内メーカーを自分で解析するとMichael・戦国時代・ガーデニング・旅・着物。この比率は日々変化するけど基本は「喜動愛楽」
向上心が無い代わりに好奇心だけは人一倍^^
向学心が無い代わりに遊ぶ事には一所懸命^^
鉄砲玉な遊び専業の日々徒然明日への励みに・・・

月別アーカイブ

QRコード

QR