三河姫的喜動愛楽日記

泣くは修行。怒りは無知。笑うは悟りなり。 by徳川家康

Entries

武蔵

二夜連続で木村拓哉が21時に家で待ってたから
仕事が終わったら速攻で帰宅った。

彼がいつかは絶対に演じるであろうと思われた宮本武蔵。
巌流島で終わったからちょうど良い年巡りだったと思う。

誰でも知ってる武蔵のたくさんのエピソードを2夜でギュッと凝縮したので
途中間延びもせず、いらない場面もなく、濃くてあっという間だった。

立ち回りのシーンはどれも痛快に面白く素晴らしかった。
殺陣の演出も迫力あってカメラと編集もスピード感溢れてて良かった。
一対一の斬り合いも吉岡一門との死闘もワクワク。
ひさびさに派手な剣劇を見た感じ。

これ外人受け狙ってない?
ストーリーわかりやすいし、チャンバラももちろんロケ地もすごくいいよね。
ほとんどが太秦だろうけど、お寺とかどこ使ってんの?
工事に入る前の姫路城が出てきたり。いつのー?

関ヶ原の戦いは寒い時期の京都で撮っちゃったんだね。


ハリウッドの仕事が来そうだなあ。
ふと悲しそうな目をして斬っても、木村拓哉全開で
お通を抱いてても木村拓哉ですが、
もう、そんなことどーでもいい。
あそこまでいっちゃうといいと思う。
ハリウッドのどこかでこういう俳優探してる監督いないかなー。


襲われた村を救いに佐々木小次郎と二人で戦ったシーンよかったわー。
あのまま友情・・・ってことにならないのが歯がゆい。
もう、本当にあの時代の男ってね・・・

巌流島さっぱりし過ぎw
お約束だと思ってた燕返し。逆光。「小次郎敗れたり」がなかったね。

萬屋錦之助(武蔵)高倉健(小次郎)また見たくなった。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

全記事表示リンク

ぐばこ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いらっしゃいませ(*^^*)

現在の閲覧者数:  

アクセスカウンター

右サイドメニュー

プロフィール

三河姫

Author:三河姫
脳内メーカーを自分で解析するとMichael・戦国時代・ガーデニング・旅・着物。この比率は日々変化するけど基本は「喜動愛楽」
向上心が無い代わりに好奇心だけは人一倍^^
向学心が無い代わりに遊ぶ事には一所懸命^^
鉄砲玉な遊び専業の日々徒然明日への励みに・・・

月別アーカイブ

QRコード

QR