三河姫的喜動愛楽日記

泣くは修行。怒りは無知。笑うは悟りなり。 by徳川家康

Entries

世界遺産 厳島神社

8日の朝、広島銀山のホテルで朝食バイキングを早めに済ませ
西に向かって約20km先の安芸グランドホテルに向かいます。(世界遺産旅行3泊目)
チェックイン前の時間ですが宿泊手続きをして荷物と車を預けタクシーで宮島口へ。
この日も宮桜ちゃんに同行をお願いしてあったので13時にフェリー乗り場で待ち合わせ。
相変わらず焦げる程暑いけど早速フェリーに乗って宮島へ渡ります。
いざ、宮島へ
宮島へは宮島口よりフェリーで約10分。運賃/片道大人170円 小人80円)
(宮島口~宮島桟橋は、約15分間隔でJR連絡船と松大汽船が運行しています。

桟橋から宮島に上陸すると早速鹿がお出迎えしてくれました。

朝日新聞より
宮島のシカは、戦後間もなくは数十頭から100頭ほどだったが、
観光資源として奈良から連れてくるなどして増え、今では島全体に450~500頭いる。

宮島の鹿01宮島の鹿02
でもね、やたらに人間が餌を与えてはダメです。
死亡した鹿の胃袋を開くとビニールやプラのキャップが入ってるんだって。。。
この日もバカな父親が子供の見てる前でパンフレット食べさせて、それとなく言ったけどダメだった。
宮島の鹿の苦悩

宮島の散策コースは効率よく歩きたいので宮桜ちゃんにお任せ。
水際を厳島神社に向かって歩くと大鳥居が見えて来ました。(とうとう来た!
鳥居大鳥居
平清盛の力は凄い。世界遺産・厳島神社 美しい!
満潮ならこれらの建物が水面に浮いて見えるのね。
厳島神社01厳島神社02
厳島神社03厳島神社04
右側の画像の能舞台は引き潮の時に飛び石を歩いて渡れるんだって。
厳島神社05厳島神社06
厳島神社07厳島神社08
ここは暑さのピークだった。早く日陰に入りたい!
五重の塔

ってことで不本意ながら秀吉の作った豊国神社の中へ。。。(アンチ秀吉
柱や梁がとてつもなく太くて、これだけの資材集める権力って凄いなあ。
豊国神社千畳閣豊国神社

wikより
天正15年(1587年)、豊臣秀吉が戦歿将兵の慰霊のために大経堂として建立した。畳857枚分の広さがあることから「千畳閣」と呼ばれるようになった。秀吉の死により工事が途中で中止され、板壁も天井の板もない未完成の状態のままとなっている。明治初年の神仏分離により本尊の釈迦如来座像は大願寺に遷され、嚴島神社の末社として秀吉公と清正公と号する祭神を祀る神社とされた。


18時にはホテルに戻りました。ロビーに厳島神社のミニチュアが飾ってありました。 
ホテルのロビー
2日間案内してくれた宮桜ちゃんを囲んでお礼の晩餐会。
広島の特産を使ったお料理は全てが美味しかったなー。
デザート食べた頃には胃袋がパンパン!
夕食01夕食02夕食03
双子っちが食べたお子様コースの一部です^^
お子様コースの一部

食事を終えて21時半から最終のナイトクルージングへ。(1日3便)
ホテル所有の船なので1便にホテル客、先着45名までですが、
前もって宮桜ちゃんの分も予約したので5人一緒に乗り込めました。
まー、船が揺れるわライトアップのライトが逆光になり夜景を撮るのは難しい。
引き潮だと歩けるんだけど、そこそこ船が近づけるほとの水位でした。
ナイトクルーズ

別れを惜しみつつ宮桜ちゃんがご帰宅したあとはホテルの大浴場で疲れた体を伸ばし、
早めの就寝。疲れてるから寝つきの良いこと^^


一夜明けて、9日。朝焼けを期待しましたが残念ながら雲がかかってた。
部屋のバルコニーから宮島を臨む。海には牡蠣の養殖。
二間続きの広い和室と洋室も、時代を感じたけど落ち着ける良い部屋でした。
双子っちはプールに入りたかったのだけど、時間的余裕もないし水着ないから我慢。
ホテルから大鳥居を臨む牡蠣の養殖
ホテルで朝食を食べ10時にチェックアウト。
ホテル近くでガソリンを満タンにし、どこも観光せず高速に乗ったらひたすら横浜を目指す。
途中、ほとんど渋滞もなく、スムースに走れましたが無理な運転はできないのでSAごとに休憩。
お昼ご飯は1時半に福山SAで。
双子っち母娘は尾道でラーメン。私は朝ごはんが消化できてなくてワッフル1個w
晩御飯はどこだったか忘れたけどマックを食べた記憶。
宮島から10時間かけて名古屋通過。途中仮眠を取り01時に浜松。
急ぐこともなく、行く先々のSAでオリンピックを見たりして、のんびり。
足柄SAの04時は寒いww 横浜着は5時過ぎて朝になってました。
無事に旅を終えて良かった。

途中、なんども運転交代しようか?と言ったけど、終始運転した双子っちママ。
横浜~宮島往復の偉業をおニューのNーボックスで達成したかったんだってw
本当にありがとう。お疲れさんでした。
来年はどこ行くだ!?

Comment

おはようございます 

修学旅行でここに寄った時、結婚式を挙げているカップルがいて、新婦さんは綿ぼうしすがたで、朱色の回廊ともマッチして、とても素敵な絵、でした。
  • posted by 楽母 
  • URL 
  • 2012.08/15 07:17分 
  • [Edit]

早いね 

あの暑かった日から1週間たったの?
早いね~~

本当にお疲れ様でした
横浜~広島まで一人で運転された双子っちママ^^
すごい。。。
たぶんもう仕事モードでしょうが、忘れた頃に疲れがでるので気をつけて・・・って・・・若いから大丈夫かな(笑)

こちらは昨日の朝方、物凄い雨で屋根が抜けるんじゃなかろうかと心配するほどでした
旅行中じゃなくて良かった。
まだ見てもらいたい場所がたくさんあるので
また遊びにいらしてください
今度は私も一緒に泊る。
  • posted by 宮桜 
  • URL 
  • 2012.08/15 09:51分 
  • [Edit]

眠い。。。 

v-238職場から帰宅して晩ご飯食べた途端睡魔。。。
こりゃ遊び疲れだわww

楽母さん>

そりゃ~、凄い結婚式だね!
観光客の注目の的でしょうが、素敵ねー。
今でも厳島神社での結婚式って割とよくあることなのかしら?
最近、白無垢に綿帽子の花嫁さん観ないねえ。。。

楽母さん地区は今回の水害は大丈夫だったかな?


v-238宮桜ちゃん>

道中は色々お世話になりました。
昨日~今日のニュースで旅行中に通った地名が酷い水害に。。。
もし、1週間ズレてたら宮島に渡れなかったかもね?

心残りは水上花火が見られなかったことです^^;

今度行くなら対岸じゃなく、島内に泊まろう^^
  • posted by 三河姫 
  • URL 
  • 2012.08/15 19:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

全記事表示リンク

ぐばこ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いらっしゃいませ(*^^*)

現在の閲覧者数:  

アクセスカウンター

右サイドメニュー

プロフィール

三河姫

Author:三河姫
脳内メーカーを自分で解析するとMichael・戦国時代・ガーデニング・旅・着物。この比率は日々変化するけど基本は「喜動愛楽」
向上心が無い代わりに好奇心だけは人一倍^^
向学心が無い代わりに遊ぶ事には一所懸命^^
鉄砲玉な遊び専業の日々徒然明日への励みに・・・

月別アーカイブ

QRコード

QR